貿易事務に転職する極意|成功するために必要なこと

成功するための方法

すべては対人スキル

婦人

転職をしようと求人を探す際は、紙媒体やWebサイトなどを使用するという人も多いでしょう。
現代では、様々な職業が数多くあり、人気の職業も沢山あります。
その中でも、今後需要が増えるといわれているのが、貿易事務です。
そんな貿易事務所を転職サイトから探す場合ですが、職務経歴書と履歴書をあらかじめ登録しておきます。
電話があったら担当者とやりとりで希望を伝え、求人マッチをしていきます。
貿易事務の場合、未経験よりも経験者が優遇される事が多いです。
稀に未経験でも事務経験があれば紹介してもらえる事もありますが、アピール方法が重要になります。
貿易事務の場合、顧客との調整、営業とのコミュニケーションが重要な為、知識や経験よりも対人慣れしている人が実は取られやすいのです。
面接に進んだ際に自分を上手くアピール出来る人、社内に溶けこめそうなパーソナリティの人は決まりやすいです。
転職エージェントを通した場合、事前に会社情報を得られる事や働きながらでも担当者がリサーチやマッチングに動いてくれる事が最大のメリットです。
フリーな期間を持ちたくない人は転職サイトからの紹介を利用することをオススメします。
他にも営業が強い転職エージェントであれば、市場に出ない案件を持っている事もあります。
これは運次第ですが、実際に就業が決まった事例はあります。
貿易事務でステップアップしたい人は自分だけで探すだけでなく上手くエージェントを利用して転職を成功させましょう。

一般事務とは違う専門性

ウーマン

OLの間で人気が高いのが貿易事務の仕事です。
初めから貿易事務の仕事を目指して就活する女性もいますが、社会に出て働いているうちに貿易事務の仕事に魅力を感じ、転職するケースも増えています。
なぜ人気が高いかというと、貿易関係の仕事は世界を相手にするというグローバルな魅力があるからです。
貿易事務というのは一人ひとりの能力が試される仕事です。
海外の取引先を相手にするので常に緊張感がありますし、自分が仕事をしているという実感が持てます。
そのためには英会話が必要ですし、様々な書式を自分で作らなければならないのです。
海外の企業では貿易事務にタイプライターの書式を採用しているところも多いです。
このように専門の知識や技術を必要とされるため、転職する人はそれらを学んで習得することになります。
そのことが転職者のやり甲斐につながります。
このように貿易事務の仕事は一般の事務仕事とは違って、専門性が必要とされます。
そのためワンランク上の仕事をしているという充実感を得ることができます。
この点も、OLの間で転職熱が高い理由になっています。
他人とは違う自分の能力を試せる仕事、それが貿易事務なのです。
貿易事務の仕事を探すなら、専門サイトを利用するとよいでしょう。
そうしたサイトなら、未経験でもOKな仕事も紹介してもらえますし、貿易事務に関する研修も随時実施されています。
採用されやすい履歴書の書き方や面接の仕方もじっくり指導してもらえます。

志望動機を伝える

虫眼鏡と人形

貿易事務に転職する場合、あなたが経験者なのか、未経験なのかによってアピールする内容が違ってきます。
あなたが経験者の場合は、これまでの経歴などをアピールすることができるでしょう。
未経験者の場合、志望動機で多いのは、「語学を活かしたい」というものです。
大学が語学系だった場合などは、転職が有利かもしれません。
さらに、TOEICスコアなどで英語力が証明できれば、面接でアピールできるでしょう。
経験者として応募する場合の志望動機は、「前職の経験を活かしたい」というものになるかと思いますが、履歴書にくわしい職務内容を記した経歴書などを添付した方がよいでしょう。
その経歴内容が、転職先の貿易事務の仕事に活かすことのできる内容の場合は、採用されやすくなります。
特に正社員を募集している場合などは、即戦力を求めるところが多くなります。
異業種から貿易事務への転職の場合は、しっかりとした志望動機の説明が必要になるでしょう。
あなたの経歴の内容が転職先の求めるものと違っている場合は、貿易事務に就業後どのような点で頑張っていくのか、積極的な意欲のようなものを示す必要があるでしょう。
なお、経験が足りないことから正社員での転職が無理な場合は、派遣社員を選ぶという方法もあります。
貿易事務に転職する前から説得力のあるアピールができるように、自分の実力が証明できるものやアピール材料を準備してから面接に臨むようにしてください。