貿易事務に転職する極意|成功するために必要なこと

求められる能力

仕事の内容や必要なスキル

女性

貿易事務の仕事は事務の仕事の中でも給料が高いイメージがあるかもしれません。
実際に事務職としては高収入なのですが給料が高いのにはそれなりに理由があります。
貿易事務の仕事に転職をしようと考えているならば、まず自分のスキルが応募条件にあってるかどうかを確認してみてください。
未経験でも貿易事務の仕事を行うことも可能なのですが、ある程度能力が求められます。
貿易関係の仕事ですので当然海外との取引もあります。
実際に営業を行うということはない場合が多いですが、取引に関しての手続きを進める作業を行うこともあります。
相手が外国人の場合は英語対応が必須ですので高い語学力が求められます。
また文化の違う国ですと、意思疎通を行うのが難しいケースもあります。
そこで求められるのが国際的なコミュニケーション能力の高さです。
貿易事務の仕事を行うのに必須な能力としては語学力、パソコンスキル、コミュニケーション能力が挙げられます。
条件さえクリアしていれば未経験でも転職大成功させることができます。
転職を行うときの注意点としては企業によって募集内容に差がありますので、いくつかの求人を比較しながら選ぶことです。
貿易事務未経験者が転職を行うときには、選択肢が狭まってしまうこともあります。
自分の希望だけを重視して求人を探しているとさらに選択肢が狭まりますので、未経験の場合はとにかく未経験でも採用可能な企業に応募してみてください。
まずは経験を積むことが大切です。

PCスキルは基本的な能力

仕事探し

一度就職をしたら定年までその企業で働くという考え方は過去のものになっています。
経済のグローバル化によって事業運営も非常に流動的になっており、先が見えない不安もあります。
もし現状に不満があるなら、思い切って転職する勇気を持つことも大事です。
将来的に貿易事務の仕事に転職したいと考える人は、まず基本的なPCスキルを身につけておく必要があります。
貿易事務だからといって特殊な事務作業をするわけではなく、一般的な事務と同じ仕事内容です。
ただ取引先が海外の企業であること、輸出や輸入の仕事であることが大きな違いです。
貿易事務の主な仕事は商品を発注したり、顧客に販売したり、代金の回収をフォローするといったものになります。
そのためには海外との電話連絡が必要になるので、英会話力はあった方が転職しやすくなります。
英語の文書なども送られてくるので、英語力がないと事務作業が手詰まりになってしまう恐れがあります。
将来的に貿易事務に転職を考えているなら、英語力を磨いてTOEICの検定試験を受けておくことです。
また貿易事務に限りませんが、グローバルな時代にはコミュニケーション能力が重要になります。
相手の考えをしっかりと把握し、自分の意見を明確に伝えることが貿易事務にも求められます。
転職を考えている人は現在の仕事の中でコミュニケーション能力を身につけておくべきです。
これは不断の努力によってスキルが身につきます。
このように貿易事務に転職したい場合は、在職中にできるだけスキルを獲得しておくことがポイントになります。

ベストなマッチングを

面接

海外と関わりのある仕事をしたい人にとって、貿易事務は魅力的な仕事です。
貿易事務は、海外の関係者と電話やメールでやり取りする仕事なので、英語を中心とした外国語力が求められます。
実際にどのレベルまで求められているのかも含めて、貿易事務の求人情報を収集したい場合は、インターネットで求人サイトを利用する事をお勧めします。
求人サイトへの登録は基本無料ですので、どなたでも安心して利用する事が可能です。
特に転職を希望している人は、求められる人材として年齢制限を設けてる会社もありますので、求人サイトの活用は必須となるでしょう。
転職前の勤めている会社で、海外との取引に携わっていれば、その経験が認められて採用される可能性が高まります。
前職での経験が求められるかどうかについても、求人サイトをチェックすれば明らかになります。
また貿易事務の仕事に転職する事で待遇アップを期待する人も、年齢ごとの平均年収を求人サイトで確認する事が出来ます。
もちろん、勤務地も明確に記されておりますので、最大限に活用していくべきなのです。
求人サイトで転職希望先が見つかりましたら、エントリーしましょう。
そうしますと、転職活動をサポートするエージェントと直接会って、面接に対する準備を進めていきます。
エージェントはプロですから、貿易事務への転職サポート実績や面談に対するノウハウも十分にあります。
従いまして、エージェントを確実に利用して、落ち着いて面接を受けられるようにしましょう。