貿易事務に転職する極意|成功するために必要なこと

人気の事務職

求められるスキル

仕事

貿易事務は、人気の職業の一つです。
貿易事務へ転職を考える際には、どのようなことが必要でしょうか。
まず、貿易事務の仕事内容をある程度知っておくことが大切です。
貿易事務では、諸外国との品物のやりとりに関わる文書作成や、諸外国とのコンタクト、電話対応などがメインの業務となります。
国と国とをつなぐ貿易では、文書の書式がそれぞれの外国で違っていたり、また文書が全て英語で書かれていたりすることも多いので、確かな語学力と、対応力が問われます。
そのため、まずはある程度英語の勉強をしておくことがおすすめです。
簡単な読み書きは出来るようにしておくと、転職活動に有利になります。
余裕がある場合は、転職活動の時間を使って、英会話スクールに通う、というのも良いでしょう。
英語力や、採用の試験時に少なからず注目されるべき項目となりえます。
また、語学力だけでなく、貿易に関わる基礎知識を身に着けておくのも良いでしょう。
貿易に関する専門の資格が必ず必要である、という仕事ではありませんが、転職活動中に、ある程度基礎知識を定着させておけば、業務に入ったときによりスムーズに行えるようになります。
このように、貿易事務の仕事に就くためには様々なスキルが求められます。
この他にも、コミュニケーション能力や仕事の速さなども評価の基準となりますので、自分のスキルアップのためにも、積極的に様々なことに挑戦し、転職活動を有利に進めましょう。

経験者が優遇される

男の人

転職する際、貿易事務の経験があると何かと有利です。
中でも、輸入と輸出、どちらも経験している方は更に優遇されます。
貿易事務は、特別な資格がなくても良いのですが、日本貿易事務検定を持っていると人事の方への安心材料になります。
貿易事務経験者であればそれほど難しい資格ではないので、持っていて損することはありません。
時間があれば取得しておくと良いでしょう。
貿易、というと難しそうと思いがちですが、実際に何もわからずに業務に携わり、時間とともに身についていくものです。
また、そうして経験によって身につけた業務知識ほど強いものはありません。
面接の際、どういった職種で貿易事務を経験してきたか、ということ、また、専門用語がどれくらいわかるか、また、英語がどれくらいできるか、ということが主な質問内容になるでしょう。
転職の際、英語が必要であれば、TOEIC650点以上、というような条件があるかもしれません。
例えば英語の知識があり、面接または書類応の応募締め切りまでTOEIC試験が受けられないこともあります。
そういった場合は、転職の裏ワザとして、とにかく応募してみるというのも手です。
持っていない資格については、職務経歴書やコメント欄で、今までどういった仕事で、どんな風に英語を使い、それが通用したかなどを明記してみましょう。
急ぎで新しい人材が欲しい会社であれば、面接まで漕ぎつけることができるかもしれません。
転職というのはとかくタイミングです。
そして相性です。
あきらめることなく、前向きな気持ちで挑むことで、転職を成功させましょう。

待遇もきちんと選ぶ

レディ

これまで貿易事務に携わってきた経験がある方で転職活動をされる方は、転職先の求人が本当に自分が活躍出来る現場なのかどうかを見極めるようにしましょう。
貿易事務というと色々な業務があります。
輸出入の業務やオフィスで外国企業とのやり取りをするオペレーターに、事業立ち上げのために渉外業務を担当する仕事など様々です。
これまでの貿易事務の仕事で得た能力を最大限に活かせる所に行くことで、今より給与待遇も上がっていきます。
そのため、転職を考える際には、しっかりと仕事を選ぶ事が大事です。
貿易事務の転職求人については専門の求人情報サイトで非公開求人が出されていることも多いです。
なので、他の求人サイトには掲載されていない情報を調べたい方は、まずは非公開求人が見れる転職サイトに登録しましょう。
貿易事務で転職求人を探しているということは、今よりも給料の高い会社に入りたいと思っている方が圧倒的に多いです。
そのため、給与水準などから求人の良し悪しを決めるのも、一種の判断材料となります。
英語力に自信がある方や、コミュニケーション能力に自信を持っている方まで、それぞれの得意分野で活躍出来る仕事場はありますので、転職活動をされる場合には長期的に考えて活動をしていきましょう。
今現在働いている職場に穴を開けないように、平日だけでなく休日に面接をしている企業も少なくないです。
なので、貿易事務の転職をする場合には、転職に失敗した時のことも考えて行動することが一番です。